So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

TweetterFT90H &H105 &TW4Silkの調査 [ATL-Speaker]

2016/06/12

TweetterFT90H &H105 &TW4Silkの調査

前々回のBlogでVer.3&Alpair10Pで高域をもう少し欲張りたくなり、ツィーターを探してみた。
押入から30年間休眠中のジャンク ホーンツィーター2機種を見つけた。
動作可能かどうか判らないが一様テスターで抵抗を測ってみると、FT90H(6.9Ω・7.2Ω)、H105(双方7.3Ω)でありボイスコイルはOKである。ダイアフラムが経時変化でどうなっているか分からないが動作を期待して・・・
その他にMarkAudio製のドーム型ツィーター TW4_Silk (ペア)5,681円を購入した。


スクリーンショット 2016-06-11 23.10.14.png
Ver.3の箱に付けた後でも、1KHz以上はFFT測定と略一致している。
Alpair10Pの周波数特性を見ると15KHzから落ち込みが始まるので、そこから20KHzまでツィーターでカバー(赤線部)したい。



FOSTEX FT90H
FT90HP.jpg

FT90HDATA.png
FT90H.png
特性として22KHz迄伸びており補完したい15KHzあたりからの繋がりは良さそうである。



CORAL H105
H105P.jpg

H105DATA.png
coral.jpg
特性は15kHzから落ち込んでおり、Ver.3&Alpair10pとの相性は疑問符の付くところである。




TW4Silk
2016-06-11 18.57.01.png

スクリーンショット 2016-06-12 10.40.36.png
スクリーンショット 2016-06-11 22.47.03.png
能率も90dBあり、アッテネーター無しでもコンデンサーだけでVer.3&Alpair10pと繋がりそうである。



この中で使えそうなのは、FT90HとTW4Silkと考えられる。

  次回は、この組合せで試聴・測定してみたい。





にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

Windows10 ネットフリーズ対策 [その他]

2016/5/14

Windows10 ネットフリーズ対策

DSC08391-3.png
Intel NUC

症 状
Windows7よりWindows10に変更して10ヶ月が立ったが、ネットサーフィンしている時にフリーズすることが多く、実用上問題と感じ対策をしてみた。
この症状は、ネット表示のグラフィクスの読込時に起きる事が多く、特殊な方法を使えば回復可能であったが多大な時間の無駄と感じていた。


対 策
最初にグラフィクボードを疑ってみた。
小生のコンピューターは、Inteチップ&マザーボードを使用しているのでIntel配布の ドライバー・アップデート・ユーティリティーを試してみた。

インテル[レジスタードトレードマーク] ドライバー・アップデート・ユーティリティー
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/detect.html


結 果
ネットサーフィンも正常動作して、今まで反応の悪かったマウスの特殊機能も正常使用できるようになった。
快適環境になったが、と言ってもMPUに多大な負荷を掛けたり、キャッシュの使い過ぎではこの症状は再発することがある。

 これ以上、小生の能力では理解不能???

Windows10への改造は簡単であるが、その後のソフトとハードの相関関係は御座なりにされると感じた。



追 記 
検索エンジンの相性はあるのか?

このブログを書いた直後に検証のためGoogleからIEに変えて追試してみた。
同じ呼び出しを行い、Googleと略同じ環境で動作試験をしてみた。
結果としてGoogleが止まってもIEでは全く止まることがなく正常動作できる。
Microsoftからの情報の出し方が足りないのか、であるとするとGoogleはハンディキャップレースを戦っている?
Microsoft Office が出た時の様に、OSメーカーが全てを支配するのであれば、開発スタート点が違って来るので他のソフトメーカーの勝機はない!! 

 頑張れGoogle!!!!!!!

   Bye

追 記2 
その数日後のGoogleであるが、嘘のように止まることなく動作している。





にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

Alpair10P & ATL-Ver3の調整 [ATL-Speaker]

2016/04/23


Alpair10P & ATL-Ver3の調整
Alpair10Pを購入して2年以上となったが、ATL-Ver.3に合わせて調整してみた。
共鳴菅であるATL-Speaker(Acoustic Transmission Line Speaker) は、一般的に1/4λと3/4λの音圧調整が必要となる。
FFTの測定結果(a)からも見て取れるが、63Hz〜80Hz(1/4λ)と200Hz〜300Hz(3/4λ)にピーク・ボトムが見て取れる。これをターゲットに平滑化を試みた。
今回は、共鳴菅の上面から43.5cm(φ3.5cm)と75cm(φ6.2cm)に2孔を開けた。
孔位置と孔径は、経験則から直感的(いい加減)に決めたものである、一様計算はしたが???

DSC08390.jpg




FFTの測定結果
Ap10P no tweater .png
(a) 孔を開ける前の計測



Al10p 2 hole open no tw4 .png
(b) 2孔を開けての計測




測定機材
MAC Mini + SignalScope Pro/FFT Soft
BEHRINGER / コンデンサマイク ECM8000 + BEHRINGER /ファンタム電源 MIC100。
ATL-speaker Ver.3をユニット軸上1mで、20Hz~20KHzをスウィープ測定、1/3オクターブで積算表示。



試 聴
孔を開ける前は、低域にガツンと来る癖を感じたが平滑化したことで聴き易いゆとりのある底音となった。中域も同様に癖のないものであり非常に聴き易い。
最近気づいたことであるが、高域のレスポンスはどのスピーカーでも粗同じと思っていたが、背圧を受けることで立ち上りも大きく変わるようである。その点背圧の影響を受けにくいATL-speakerは非常に振動板に優しいエンクロージャーと思われる。
Alpair10Pは、紙コーンの曲率を抑えた設計で音の臨場感3D効果は、非常に優秀である。
もう少しエンクロージャーに手を入れ低域を欲張りたかったが、今回はこのような結果となった。
13cmフルレンジでも聴感上は殆どツィターは不要と感じられるが、FFTの測定結果を見ると18KHzから落ち込みが気になる。

と言うことで、近い将来Alpair10P & ATL-Ver3にツィターを付けて試聴してみたい。
ツィターは手持ちのAlpair TW4_Silk・Foster FT90H・Coral H105を考えている。






にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

Ver4.1+PS95-8 の置台を造る [ATL-Speaker]

2016/2/25
Ver4.1+PS95-8 の置台を造る
Ver4.1+Dayton Audio PS95-8は気に入ったが、スピーカー位置が少々低いので高さ調整と低音域の締まりを狙って置台の製作をした。
10cm程度の高さである程度の除振が出来るものを考えた。
昔から行われている方法で 砂・砂利・鉛等を台の中に入れる手法であるが、今回は砂利を1台に5kgを入れた。
DSC08368.jpg
塗装無しで完成ではないが、砂利を入れ設置した。


DSC08359.jpg
置台の中に補強も入れた。



DSC08370.jpg
当初TV用にと考えていたが、音楽をこのスピーカーで聞くのも中々良い。

Ver4.1+PS95-8+置台の試聴
今回Ver.4.1+PS95-8に合わせた低域調整を行ってみた。と言っても置台を作っただけであるが・・・
この手法は、部屋・床・壁等の総合的に効くものであって決して万能ではなく、小生の部屋で呑みと考えている。
低域であるが、共鳴菅の特有の膨らむような不明確なところがあったが、砂利効果によって締まった明確な音となった。それにつられ高域もハッキリ聞こえるようになった。
バイオリンの胴の響き・弦の擦る音・情報量が増え音が躍動的になった。

こんなに簡単でコストパフォマンスの良いアップグレードが在るとは・・・
  お薦めであるが万能ではない!




参考資料
Acoustic transmission line(Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Acoustic_transmission_line
Dayton audio
http://www.daytonaudio.com/index.php/




にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

Dayton Audio PS95-8 をVer4.1 で聴く [ATL-Speaker]

2015/12/27

Dayton Audio PS95-8 をVer4.1 で聴く

PS95-8 .png

今回、またまた浮気心がでて、Ver4.1+TANGBAND W3-881sjf をDayton Audio PS95-8に交換して試聴してみた。
このユニットは、フレームに厚みのあるダイキャストを使い剛性も高い。またユニット後部の高さも充分にあり、背圧の抜けも良さそうである。
ネットでは、最新のテクノロジーで開発されたと書いてある。然しながら、設計手法は新しいと思われるが、素材等はオーソドックスな、紙コーン+アルミのフェイズプラグ+ゴムエッジで構成されている。
このユニット国内販売はまだ少ないがUSAでは高評価を得ているようである。
 勿論々々、USA設計でMade in Chinaである。



PS95-8の取付
Ver.4の鬼目ナットの穴位置は、TANGBANDのφ85cm×4でPS95-8のφ87cm×4と2mmの違いがある。 ビス穴のガタを考慮して強引に取り付けた結果、六角穴つきで4本止めることが出来た。



Dayton Audio PS95-8の周波数特性&仕様
低域特性を見ると、150Hzぐらいからダラ下がりとなっており最低共振数Fs=110Hz であるが、W3-881sjfに比較して今回は9.5cmユニットと僅かに振動板面積が大きいことから、Ver4.1で70Hzぐらいは頑張れるのではと・・・
PS95-8.png

Specifications
PS95-5.png
Qts=0.72で共鳴管では程良い値である。
 と言っているのは、小生だけである。一般的にQtsは、0.3〜0.6が良いとされている。
然しながらエージングでQms(機械系の尖鋭度)が変化し、それと共にQtsも変化したと思われる。



Ver4.1+PS95-8のFFT測定
このPS95-8に合わせたエンクロージャーの調整を行っていないのだから、この結果で満足すべきであろう。と言うより優秀といった方が良い63〜18KHzまでプラマイ5%に入っているのであるから・・・
1kHz以上は、Daytonから発表されているPS95-8の周波数特性と粗同じ結果となった。
250・300Hzにピークがあるが、これはホーン開口部からの中低域の漏れで開口部の下にマット等を置くと減衰する。又高域10kHzからも同様に僅かに減衰した。

PS95-88.png
Ver4.1+PS95-8



試 聴
ある程度のランニングを経てエッジ・ダンパーも落ち着いてきたのでレポートした。
暫くはエッジ等が硬く微小入力に弱く自由度の少ない音と感じたが、20日を過ぎたあたりからダイナミックレンジが急拡大して中高域が抵抗なく出るようになった。 基本的には、エージングに時間がかかるユニットである。
10cmユニットに比べると小口径の分だけフォーカスが決まり定位が良い。
FaitalPRO 3FE25にも似た音であるが、PS95-8の口径が僅かに大きく低域は3FE25を上回る。
FFT測定でも低域は程よく出ていて、実試聴でも誇張された部分が少なく聞きやすい。
PS95-8(9.5cm)は、良くも悪くも8cmと10cmの中間的音である。
まだエージング途中なので、ある程度のパワーを入れないと本領発揮出来ず物足りない部分もあるが、このユニット専用の箱を作れば相当のポテンシャルを発揮しそうである。

ピアノは、敏感なタッチ音が分かるほどレスポンスが良い。又、ボーカルは小口径ユニットらしくジャストフォーカスされる。中域の音程は、明快で味付けのない素直な音が出ている。
このユニットの一番の売りである紙コーンの澄んだ高域がでている。これがバイオリン等の弦楽器も素晴らしく響かせる。
FOSTEX FE88ES-R 8.5cmもバランスは良かったが、この大きさ(8〜10cm)あたりがフルレンジとして一番使い良い大きさなのかもしれない???





参考資料
Acoustic transmission line(Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Acoustic_transmission_line
Dayton audio
http://www.daytonaudio.com/index.php/




にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

前の5件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。