So-net無料ブログ作成

OTTO TP-L50 の改造調査 [レコードプレーヤー]

2009-12-13
TP-L50の調査
IMG_5937.png
TP-L50の調査
このプレーヤは20年前DENONのDP-3000と交換したものだ。
当時、小生は120極リニアモータに憧れていたため、極端に価格の違う物々交換を行なったのだ。
 これでイイのだ!!
このプレーヤーは、TP-L50→TP-L3→TP-L1(クォーツロック)と進化して行くのである。理想に近い120極のリニアモータを3相交流でドライブしたものは、後にも先にもこの方式以外には記憶にない!! 
この素晴らしい遺産をなんとかして、復活・改良させてみたい。

筐体からターンテーブルを外す
IMG_5928.png
プラスチックの筐体上に、アームを動作させるオート機構の歯車等が見える、軸は外して撮影を行なった。
この筐体では振動して下さいと言わんばかりである!!
左上の黒い半弧の部分が、3相交流の駆動部である。
素材として非常に良いリニアモータを使いながら今一評価が良くなかったのは、価格競争にさらされ基本構造を希薄化した結果であろう。

メカニカル部&制御部
IMG_5941.png
それでは、筐体内を見よう。
ヲォーヲォー、ナンだこれは!!
オート機構が殆んど占拠している!!
脳ミソ、見~つけた!!
中央の1枚の制御板で、リニアモータ制御をしている。
右上に電源がある。
3mmぐらいのプラスチックの筐体下に、1mm厚の鉄のシャーシに軸受け・オート機構・制御系基盤等の殆どの部品をビス止めしてある。
オート機構と軸受けが同居していては、強靭な筐体など作れない。30年前のオート機構設計の大変さが分る。今ならば比較的簡単に制御機構を作れるはずであが・・・
これを見ると、もっと金を掛け、重量級の素晴らしい機器を作りたかったのでは・・・
  技術者の苦悩を感じる!!!

ロータ部の120極マグネット
IMG_5961.png
ローター部に鉄ピンを付けてみた。
120極リニアモータの磁区が 3°毎に切れているのが分る。

軸・軸受け単体
IMG_5926.png
軸・軸受け単体を見ると強度・精度はあるようである。
軸の素材はステンレス製、軸受けはアルミダイキャスト製で時間と共に馴染む様に出来ている。
手で回すと殆どガタがなくスムーズに回る、軸・軸受間にはグリスが入っており引っ張ると密着度が良く抜けにくい。
そのままでも十分使えそうである。

構 想
①機械部と電気部の臓物を外して、オートの機械部と筐体は破棄する。

②アームは動作不良であるので、中古品の購入を考える。
 アームは分析したことが無く全く分らないのが現状である。昔の江川先生のアームの実験では、真直で できる限り短いものがベストのようである。勝手に判断して剛性が高く(短く剛性の高いパイプ)、且つ稼動部分は限りなく滑らかで、1点支持となる構造がベター?

③AC電源と制御機構を取り出し別のボックスに入れる。

④筐体はアルミ+積層材として設計する。
筐体内は出来る限り”ムク”のまま使い、軸受・アーム・ビス等の穴は最小限とする。

⑤この120極リニアモータのポテンシャルを見極めてみたい。
今回の改造はプレーヤ作りの基本に沿った改造を行ない、リニアモータの組成の善し悪しを判断したい。

そのための第1次改造であり、ということは第2次改造の予定もある。

言いたい放題
下見を終えて感じたことは、当時は価格競争力+オート機構が一番大切な要素であった。
OTTOのリニアモータプレーヤは、最後までこのオート機構を引きずったため、プレーヤ評価の土俵にも乗せて貰えなかったのでは?
このプレーヤの設計担当者は、オート機構を外した筐体を作りたかったのではないか?
OTTOの技術者も分ってはいたが、如何ともし難い会社事情があったか?
それでも重量級プレーヤと比較してみても音は非常によいのである・・・
リニアモータ恐そるべし!!
江川先生の発掘により、リニアモータ+交流駆動方式の音が良いことが証明されたが、放おって置けば埋もれた名機となったであろう。

このプレーヤは、基本的なモータ・軸受けには精度が良いものが使われている。
筐体等の強度不足が一番の問題であり、改善の余地も随所にあり今後実験をしてみたいところも沢山見つけた。

ト・・  愚痴々々と難癖を言いながら小生のプレーヤ作りは始まったが・・・
この改造を行っても音が良くなるかは定かでない。
追記:アームの購入を検討中です、入手しだい作成に入ります。

参考図書
D.I.Y.オーディオ(昭和57年12月31日発行81号) 芸文社


にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。