So-net無料ブログ作成
検索選択

W3−582SC(8cm)で ATL-speakerのシミュレーション [ATL-Speaker]

2014/06/30

W3−582SC(8cm)で ATL-speakerのシミュレーション
W3−582SC.jpg
W3−582SC

ユニットの選択
ユニットは、W3-582SCを選んだ。価格も2800円×2と比較的リーズナブル。
ネット上の評価では、振動版にポリプロピレンを使用して澄み切った音と書かれていた。又フレーム・磁気回路も確りした物が使われていて信頼感がある。
共鳴管 Speakerは、特性がフラットな(這い上がりでない)ユニットとの相性が良く、この口径にしては低域が延びている。 諸々の理由から、このユニットを選択してみた。


WC-582sc.png
W3−582SC 周波数特性

W3−582SCの周波数特性を見て貰うと分かるが、170Hzぐらいから低域ダラ下がりでシミュレーション上では、70~80Hzをターゲットとした設計ができるかも??



シミュレーション
W3−582SCを逆テーパー状の共鳴管(ATL-Speaker)に入れた場合のシミュレーションを行った。
シミュレーションは、何時もお世話になっている "自作スピーカー設計プログラム" を無断借用させて戴いた。 

W3−582SC 86cm.png
W3−582SC、共鳴管長86cm、r1=7、r2=5cm

シミュレーション結果を見ると、管長86cmで計算上では90Hzでピークが出ている。ATLではそれ以下まで低域が伸びるのが一般的である。共鳴管の長さも0.86mで1/4λが100Hzであるからシミュレーション誤差も出ている。
経験上、低域を無理に出そうとすると低域の一部欠落がおき、音楽鑑賞には向かないスピーカーとなる。しかし、この周波数特性を見ると90Hz付近のエネルギーが余っているようにも見えるので、もう少し管長を長くしても行けるかも??




W3−582SC 105cm.png
W3−582SC、共鳴管長110cm、r1=7、r2=5cm

ここで一捻りして、アダプター(木片)を使用して管長を伸ばせる設計を考えた為、110cmのシミュレーションも行ってみた。
共鳴管長が110cmの場合1/4λが77Hzであるが、シミュレーション上では70Hzまで低域は延びている。
このユニット&ATLが、聴感上何処まで管長を伸して聴感上で問題ないのかを試したい。又、直管と折り曲げ管の違いも確認してみたい。



その他
共鳴管の特性として出てくる、3倍音の実験もしてみたい。
管長86cmの場合3/4λ(300Hz)付近のピークと落ち込みが気になる。これが3倍音ならば、軽減する方法を考えたい。
対策として、3倍音付近の周波数を計算して穴を開け平滑化する。

共鳴管の設計で必要なパラメータが得られたので、これでシミュレーションは終了する。
これから作ろうとしている共鳴管は、理想的形状から外れている、それ故シミュレーション通りに動作するかは分からない。
製作に当たり、エンクロージャー材に集積材又は無垢材を考えている、又吸音材は凹凸付のスポンジ吸音材を使用予定。
短い共鳴管で設計してみたかったが、1m以上のホーン長となってしまった・・・


   エンクロージャーの設計と板取は次回Blogで
                                   Bye!




参考Blog
Acoustic transmission line(Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Acoustic_transmission_line
自作スピーカー設計プログラム
http://www.asahi-net.or.jp/~ab6s-med/NORTH/SP/index.htm






にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

Windowsマシンintel DC3217BYキットの立ち上げ [その他]

2014/6/7

Windowsマシンintel DC3217BYキットの立ち上げ

DSC07858.jpg
Windows machineでMac Thunderbolt Displayに表示



DSC07814.png
急遽Windowsマシンが必要となり intel DC3217BYを購入するに到った。
Mac Boot CampでWindowsと考えていたが、必要なソフトが動かず降参してしもうた!
そこで現在使用中のThunderbolt Displayに繋げるWindowsマシンを探したところ、intel DC3217BYしか見当たらず他の選択肢はなかった。

*Thunderboltとは、intelがAppleと共同開発した高速汎用データ伝送技術でディスプレイ・HDD等で使用できる。


DSC07823.png
これで全部品である、マニュアルは一部日本語表示もあるが、英語・ロシア語・中国語・スペイン語・一部日本語???  どうも日本には売るつもりなはいようである。
出力ポートをみると、USB×3,HDMI,Thunderboltのみであり拡張性はゼロに近い。


DSC07830.png
他にNCUを動作させるために必要部品①〜⑥を購入すると汎用品より割高となる。
① 3ピンミッキータイプアダプターケーブル、intelさん電源ケーブルぐらい標準で付けろょ!!
② intel Centrino Advanced-N 6235 802.11a/b/g/n 最大リング300Mbps WIFI + BlueTooth 4.0 Combo Card (6235ANHMW) 相当品
LANポートも無く通信手段が無いので、WIFI が必需品となる。
③ Crucial M500 mSATA 内蔵型 SATA6Gbps 240GB CT240M500SSD3 相当品
HDDの代わりにmSATAポートに繋げる、このシステム専用の記録媒体SSDが必需品となる。
④ メモリー DDR3 SO-DIMM PC3-12800 CL11 4GB×2枚組 相当品
⑤ マウス(無線)
⑥ キーボード(BlueTooth)を②のBlueToothで使う。
上記で、本体価格と同等になってしまう。


DSC07855.png
メモリーとWIFI+BlueTooth+mSATA SSDを装着するだけである。WIFI+BlueToothの基板には2本のケーブルを取付けなければならない。
組上げに関しては、次のYouTubeを参考にして貰いたい。
https://www.youtube.com/watch?v=_-5B7298_Lk



Windows のインストール
DVDを繋ぎWindows OSをインストールする。
今回は、ソフトの関係でWindows7 32bit版を使った。
この段階ではネットが使えないので別コンピュータから必要ファイルをダウンロードした。
ファイルは、インテルのウェブページからBIOSのアップデートファイルとWIFI +BlueTooth (intel製) のドライバーをダウンロード・インストールした。
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja//search.html?context=1047387&tab=767193&keyword=DC3217BY
アップデート&ドライバーをインストール後、無線LAN経由でネットに接続できる。
ここ迄のモニターはHDMI経由で行った、次にMac Thunderbolt Displayに繋いでみた。
boot上でHDMIとThunderboltが自動選択され、解像度2560x1440の表示がされる。
これでWindowsでも、本当の高精細が実感できる。


使い勝手
Core i3-3217U(1.80GHz)でありCPUの性能は落ちるが、ハイパフォマンスmSATA SSDの効果もあり立ち上げが早く、使い勝手は非常に良い。
日常使用でのスペースファクターを考えれば非常に良いが、拡張性には難がある。
当初の目的が、Thunderbolt Displayが使え、且つ省スペースのWindows computerを探したので目的は達成された。

1点だけ課題が残された、中国製のBlueToothのキーボードのペアリングが巧く行かずUSBのキーボードを使用している。
   誰か助けてくで〜〜〜

追 記
後日、キーボードのBlueTooth設定とスイッチ オンのタイミングで使用できるようになりました。



にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。