So-net無料ブログ作成

Ver.4.1 + W3-881sjf の試聴 [ATL-Speaker]

2014/09/17

Ver.4.1 + W3-881sjf の試聴
DSC0800124.png


m_w3E28892881.png
Ver.4.1の側板に透明ワックスを塗り、前面・上面に樹脂板(0.6mm厚)を貼付け完成。


最終形のFFT測定
right 2open 1φ15 -abs2  5balls 13 .png
ユニット変更後、少々のエンクロージャ側の変更を加えスイープでFFT測定してみた。
FFT測定は非常にクリティカルで正確な角度・位置決めをしなければ測定精度が落ちる。 勿論部屋の影響・温度・湿度も加味しなければならない。 
等々で8kと10kHzの落ち込みは、ユニット・マイク或いは部屋等の問題と勝手に思い込んでいる。
一様 63Hz〜16kHzまで±5dbと言うことで合格とした。



試 聴
バージンユニットは、聴くに絶えない音が出るのが一般的であったが・・・
しかし今回のW3−881sjf は、エージングが必要ないほど自然に音が出てきた。
W3−582SC に比べ粒立ち・鮮度が良く音が自然に聴こえる? W3-881sjf は、僅かに高域が延びている為か、誰が聞いてもその差が分かるのである。
小口径のユニットらしく輪郭鮮明でエッジの効いた躍動感ある音、3D効果も優秀で遠近感がはっきりしている。ヴォーカルなどは、小さく口が引き締まっており情報量も多く音像が空間に浮かぶ。
本当に8cmユニットと思えない信じられない程の豊かな低音を再生できるが、50Hz以下の重低音は皆無である。
バッフル幅を21cmとしたことで、中域も充実しており落込みも殆ど感じられない。
ただ、高域のざらつきは共鳴管の宿命かもしれないが依然として残っている。
大きさを考慮しなければ、ユニットも含んで仕入総額 2.2万円(2本)のスピーカーとしては、超ハイCP・超ハイポテンシャルである。

  ひょっとするとW3−881sjf は、名器か???




スピーカー評価のためにCD レヴューを書くつもりはなかったが ? ? ?

それでは・・・

51WEPRAF47L.jpgMarie-Claire Alain によるバッハオルガン作品全集を再生してみた。
Alain のパイプオルガン演奏は素晴らしいが、このシステムでは腹を揺るがすような重低音は再生できなかった。
  8cmユニットで、これ以上欲張っても仕方がない
    きっぱりと60~20kHzまで出れば良い・・・
 
それより最高のパイプオルガニストであるAlainの音楽を楽しむこととした !





次に、Hilary HahnのBach: Violin Concertosを聴いた。

51RJNBvHegL._SY355_.jpgジャケットのHilary Hahnの顔を見ていると何処かあどけないが、演奏は本物で素晴らしい。
彼女の才能と表現力は、若手の中でも最高のヴァイオリニストの一人であろう。 ゆったりとした演奏の中に、繊細な表現力があり、完璧で非の打ち所がない。
その中でも 『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』 は素晴らしい!
ドイツ・グラモフォンのデジタル録音で、最新CDの進化を感じる一枚である。


  小生のスピーカーシステムとの愛称もよく、癒される素晴らしい演奏がそこにあった ! ! !





最後にJacintha のJazz Vocal 『Here's to Ben』 を聴いた。

51Bwr78FWvL._SY355_.jpgJacinthaは、マレーシア生まれで音楽家庭に育ち。シンガポール大学で英語を学んでいる。
癒し系Jazz?? で心に訴えるような素晴らしい歌唱力であり、とろけるような歌に引き込まれてしまう!
東南アジアの叙情的で洗練された優しさ・癒しを感じる一方、Nancy Wilson のようなアメリカ風の歌いかたもする。
一聴してJacintha が歌っていると分かる個性のない個性と言うものが感じられる。又録音も素晴らしく彼女とバックグラウンドとのマッチングは非常に良い。録音も素晴らしく、オーディオ評価用CDとして高評価できる。

Jacintha の 『Here's to Ben』 は、小生にとって最近のベストアルバムの一つかもしれない。




参考Blog
Acoustic transmission line(Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Acoustic_transmission_line




にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

Ver.4.1 の ユニット (W3-881sjf) 変更 [ATL-Speaker]

2014/09/11

Ver.4.1 の ユニット (W3-881sjf) 変更

穴径&ビス位置より、TangBandの数種類のユニットからの選択肢しかなく、その中よりW3-881sjf を選んだ。
DSC079823.png
W3-881sjf                W3−582SC

W3-881sjf とW3−582SCの形状は略同じで、マグネットシールドを取ったことと、フランジ形状以外見た目に違いはない。振動版は、双方とも同じポリプロピレンコーンに見える。
シールドを取ったことで磁力線の出来方が変わり、能率が上がったのではないかと推測される。
個人的には、磁力線をシールド内に押し込めるより自然に出来たままが良いと考えている。又、磁力線が外部に漏れても液晶TV等には影響しないので問題視してない。
W3-881sjf の周波数レンジは、低域が100Hzまで、高域が20000Hzまで素直に伸びていて2db能率が高い。
このことが音的にどの様に影響するかが楽しみである。

購入価格は、2,280×2+760(送料)=5,320円で比較的リーズナブルであった。



W-881SJF   f特.png
W-881sjf 周波数特性(TangBand)

W3−811sjfの周波数特性は、100~20000Hzまでフラットで8cmフルレンジの理想に近い。



シミュレーション
W3−582SCをテーパー状の共鳴管(ATL-Speaker)に入れた場合のシミュレーションを行った。
言い忘れたが、このシミュレーションは低中域のみを見ている。小生のエンクロージャー作りは、ここにターゲットを絞っている。

シミュレーションは、お世話になっている "自作スピーカー設計プログラム" を借用させて戴いた。 


W3-881sji 115.png
W3−881sjf、共鳴管長115cm、r1=7、r2=5cm

前回のミスを踏まえて管長を115cmとしてシミュレートしてみた。この周波数特性でも、調整で W3−582SC と略同じ低域特性を目指してみたい。
60Hz~200Hzのたわみは気になるが実測がどうなるかが楽しみである。


測 定
w3-881fsj.png


先ずは、シミュレーションとの整合性であるが、欲目で見て比較的似ているのでは???
シミュレーションで60Hz~200Hzのたわみと書いたが、実測でも似たような波形が出ている。
このシミュレーションと実測結果は、共鳴管の形状からしても妥当な結果であり、これからもお世話になりたいソフトである。


FFTの周波数特性を見るとW3-881sjf とW3−582SCは殆ど変わらない、しかし音を聞くと双方のユニットは大違いであることから、FFTが何を示しているのかを把握できていない・・・
スイープで測定しているため、立ち上りの微小波形が測定できず音が変わって聞こえるのでは等々???


低域再生下限の誤差
前回のBlogでは、管長の長さの取り違いで低域再生が伸びているのではと書いたが、それを考慮しても計算と実測値とが合わず説明が付かない???
ATLを4作つくりその実測値より、、テーパー付き共鳴管の最低周波数限界は、管長から計算される1/4λより-20Hzぐらいが低域再生下限域のようである。 
Ver.2(10cm・1.4m)では41Hz、Ver.3.2(12.5cm・1.5m)では37Hzぐらい、今回のVer.4.2(8cm1.15m)は55Hzぐらいが下限域のようである。
1/4λからの計算よりもシミュレーションの方が、低域再生限界に近似しているように思える。


  この現象について詳しい方が居られれば、教えて戴ければ幸いです。




 Ver.4.1 +W3-881sjf の 試聴は、次回Blogで・・・・


参考Blog
Acoustic transmission line(Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Acoustic_transmission_line
自作スピーカー設計プログラム
http://www.asahi-net.or.jp/~ab6s-med/NORTH/SP/index.htm






にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

メッセージを送る