So-net無料ブログ作成
検索選択

W4-1337SDF をATL Ver.2で聴く [ATL-Speaker]

2015/01/28

W4-1337SDF をATL Ver.2で聴く
W4-1337.png

W4-1337SDFの購入
Parts Express で10cmユニットを物色していると、W4-1337SDFが高評価を得ている。
悪い虫が疼き、購入を決めてしまったが、国内では何処を探しても在庫はなく、渋々Parts Expressより個人輸入となった。 
台湾→USA→日本ではコストアップは仕方がない。 ユニット代金$47.37×2+輸送量$52.91、総計¥18,302を支払い、5日間でUSAよりデリバーされた。
趣味の世界とは、無駄使いをすること??



W4-1337SDFの仕様
W4-1337sdf data.png


周波数特性
w4-1337sdf.png


W4-1337SDFの観察
最近のTANGBANDは、OEMメーカーから脱皮して独自開発で良質なユニットを作るようになった。
マグネットはフォステックスFEシリーズの10cmと同等又は上回る重さを持っており必要充分な磁束を確保している。
特徴的な振動板はチタンコーンが使用されている。
アルミの比重2.7に対してチタン4.5である。チタン合金(64合金クラス)強度は比較に成らないほど強いが、この振動板が純チタンか64合金かは定かでない。又内部損失に関しても分からない。
フレームは、アルミダイキャスト製で背圧も考慮した腰高な設計となっている。
開口径φ96mm、ビス4穴のφ115mm位置、フォステックスFE10cmシリーズから即置き換えられる戦略的設計をとっている。
周波数特性を見ると可聴帯域スレスレの10kHzからレベルが8dbぐらい高くなっている。これはフルレンジの高域を延ばす手法で、意図的に持ち上げられていると思われる。小生の耳ではこの部分の音色の判別は付かないと思われる。又、スピーカの角度によっても高域は大きく変化するのでこの程度は許容範囲と考えられる。
実効振動板半径は実測では、W4-1337SDF r=3.75cmであり、Alpair7の実測値r=3.5cmと比較すると相当に大きく感じる、面積比で言えば1.2倍ぐらいあるのでは・・・



W4-1337SDF をATL Ver.2で試聴
Ver.2のエンクロージャーで視聴可能かをシミュレーションした結果、設計当初のユニット(TANGBAND W4-924SE)と近い特性を示したので、このままでOKと判断した。
前回のTANGBANDの W3−881sjfも経時変化は少なかったが、それでも本領発揮までは2週間程度必要であった。総じて非紙系の振動板は、比較的経時変化は少ないようである。
今回も、ユニットを取付けランニング2週間を経過したので視聴に入った。

このユニットの最大の特徴であるチタンコーンの音であるが、金属音がする訳ではなく高域は素直に伸び滑らかである。
振動板面積の大きさと強力な磁束のおかげで、10cmユニットとしての低域の伸びは素晴らしく骨太の低音も出せるし、フルオーケストラから出る柔らかい低域も表現できる。
視聴では、低域は50Hz 以下まで伸びていると感じる。又、シミュレーションでも50Hz付近までのびておりFFTで実測すれば、最低域40Hz前後まで伸びていると思われる。
何を聞いても情報量が非常に多くダイナミックレンジが広いため、3D効果も非常に良い。

W3−881sjfも名器と感じたがW4-1337SDFは、それ以上のポテンシャルを感じる。
 この様な、良いユニットが国内販売されていないとは残念である。


今回テストしたVer.2+W4-1337SDFは最終調整なしで良好な結果を得たが、前回ブログで設計した新共鳴管のエンクロージャーを早急に製作したい!!!





ユニットの購入先
Parts Express International Inc
feedback@partsexpress.com
http://www.partsexpress.com



にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

New design of Short horn(W4-1337SDF) [ATL-Speaker]

2015/01/21

New design of Short horn(W4-1337SDF)
Ver.5Punch.png


W4-1337SDF用Short horn の概要
TANGBAND W4-1337SDFを使用して、1m共鳴管で50Hz 以下を狙った設計をしてみたい。
今回のシミュレーションでは、50Hz付近まで出せることから実質的には40Hzが出ると考えられる。片側閉管で1/4λを計算すると85Hzであるが、これを遥かに超える40Hzをショートホーンで狙う。
これまで設計したATL(Acoustic Transmission Line)Speakerは、シミュレーション上で低域を延ばすには、音の出口に向かって絞りがきついほうが低域が増加する。しかし無闇やたらに絞れば良い訳ではない。又、吸音材も含めた設計とした。
と言うことで、筐体高1mで設計し50Hz 以下を狙おうとすると、天板付近が結構な大きさとなり出口付近は絞るため貧相な形となる。
USAのシミュレーションソフトでは、共鳴管で平行面があると定在波が起きているので、極力これを避ける板取り設計とした。その結果加工が非常に難しくなってしまった。
異型共鳴管&バスレフのハイブリッドの実験機として作ってみたい。

今回も、背面には孔を開け対処法的な最終調整をするつもりである。


Simulation
Ver.5 Sim 9.5 graph.png
l=95cm、r=9.5cm、r2=3.2cm


Ver.5Sim9.5cm Data.png


Cross Section
Sim data.png

SIM graph.png




参考ホームページ
Acoustic transmission line(Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Acoustic_transmission_line
自作スピーカー設計プログラム
http://www.asahi-net.or.jp/~ab6s-med/NORTH/SP/index.htm




にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。