So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

Alpair12pwで考えるVer.6.1 [ATL-Speaker]

2018/05/29

Alpair12pwで考えるVer.6.1


Alpair12p&Alpair12pwの周波数比較
公表されている両ユニットの周波数特性表をZ軸のdbと周波数レンジ幅を同レベルになるように補正したのがFig.1である。 
Fig.2は仕様である。


スクリーン 2018-05-29 11.15.24.png
Alpair12p & Alpair12pw frequency
Fig.1



スクリーンショット 2018-05-29 10.40.16.png
Alpair12p & Alpair12pw Spec.
Fig.2



スクリーンショット 2018-02-25 12.40.15.png
Alpair12p & Ver.6.1
Fig.3



Alpair12P & Ver.6.1の近況
Fig.3は前回取ったFFTである。その後、裏板の調整・吸音材の増量等で小生には粗満足できる音と成っているのであるが、物理特性として80Hzの位相反転は納得できるが、Alpair12p&Ver.6.1の100〜150Hzの落ち込みが解せなかった。
これは初動調査の見落としで、Z軸のメモリ間隔が20dbきざみの表示であり、Alpair12pwに合わせ補正をかけて表示するとFig.1の様になった????
補正後のAlpair12pの周波数特性を見ると180Hz付近から落ち込みが始まっており、それも急峻に減衰していたので100〜150Hzの落ち込みも理解できた。


Alpair12pwに触手が・・・
Alpair12pwは発売当初から知っていたが、共鳴管にウーハーは鼻から不向きと調査もしなかったが仕様を見ると・・・
  エェ行けんじゃん!!
Alpair12pw(Qts=0.393)でAlpair12p(Qts=0.285)より共鳴管には、向いている感じ!
12pwを用いれば、180Hzからの減衰も避けられそうである。
12pの開発で延長線上に12pwが産まれたことは形状からも判る、コーン紙を僅かに(15%)重くして磁気調整のカット&トライで産まれたのであろう。
このユニット、ウーハーと称しているが10kHz迄伸びているので期待が持てるが・・・
実際に試聴すると、中域以降のレスポンスが悪くフルレンジとして使えない場合も考えられる。
ここはチョット心配であるが、秘伝のたれとしてマグネット追加も考えられる。又共鳴管の過渡特性も良いことから上記の問題も乗り越えられるかもしれない?


試聴にでも行ってくるか?

  と夢見る爺々なのである!





にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

nice!(39)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Alpair12p&Ver.6.1の測定・試聴 [ATL-Speaker]

2018/03/09

Alpair12p&Ver.6.1の測定・試聴

FFT測定
スクリーンショット 2018-02-25 12.40.15.png

試行錯誤して裏板の調整と測定を並行して行った。
80Hzの落ち込みは位相反転部で、それ以下の周波数(30〜60Hz)は共鳴管で動作していると考えられ、これでも設計目標とした30Hzは一様出ている。
周波数特性としては、30〜18kHzで非常にワイドレンジとなった。
初回測定としては満足している。

部屋の定在波
毎回の測定で64Hzにピーク出るのは、部屋の定在波と考えている。
よくよく考えると部屋の高さが2.5mあり計算上では、閉じた管(面)での定在波は1/2λで立つから・・・
λ=340/2.5/2=68Hz粗同じであり、この周波数は部屋泣きとも言うべき周波数でこの倍音で余計な周波数が出ていると考えられる。



試 聴
Alpair12pに通電して一週間、短期エージングで音が激変した。
表現力と言うか描写力が日々増しているのである。又、情報量の多さも特筆にあたる。
音質的には、色付けのない鮮明な音で18cmユニットとしては高域の伸びがあるので、ツィーター無しでも充分に音楽を堪能できる。
これは、共鳴管特有の背圧を受けにくい構造のため高域の過渡特性が良いためとも考えられる。又、Alpair12pのユニット設計が背圧に考慮されていることも効いているのであろう。
このユニットを試聴に行った時から潜在能力は相当に高いと感じていたが、Alpair12pをATL共鳴管に入れたことで、ダイナミックレンジと微小入力でのレスポンスが際立って向上して相乗効果を生んでいると・・・自画自賛??
Alpair12pとATL共鳴管(板材等)の経時変換後の音が非常に楽しみになる。
Alpair10pと若干構造が違うので一概に比較出来ないが、最近は12pを聴く時間が長くなっている。

一般的にCW(Constant Width)型ホーンの弱点である平行面で起きる定在波を気にしていたが、そのような音は出ていない。


今後の対策
出口部を設計通りの板配置にして測定してみると、低域は30Hz付近が強調されるが、これ以下の超低域を稼ごうとすると中音域が犠牲になる。
ユニット全体のエネルギーは決まっているので、ドライブ出来る領域が偏って来るのは仕方がない。測定からも100〜150Hzの落ち込みが気にかかるが、設計通りの板位置に付けると更に落ち込むのである。
FFT上では、設計通りに板を付けても20Hzの領域迄は稼げなかった、然し乍ら聴感上では明らかに違いがあった。

ここで中低域を重視して超低域をある程度捨てるか、超低域をマキシマム迄伸ばし20Hzの領域に入るか非常に迷うところである。



測定器具
静電マイク(ECM8000)
ファンタム電源(MIC100)
コンピューター(MACMINI)
FFTソフト(SignalScope Pro.)

Alpair12pの軸上1mで測定
20Hz〜20KHz、2分30秒でスイープ



FFT
SignalScope Pro
http://www.faberacoustical.com/apps/mac/signalscope_pro/



にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

nice!(43)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Alpair12p&Ver.6.1の製作 ④ [ATL-Speaker]

2018/02/20

Alpair12p&Ver.6.1の製作 ④

DSC09153.jpg


組 立
今回で組立をホボ完了するが、調整・塗りは後日おこないたい。

(12) (11)+②’ 接着
(11)の接着面の僅かな凹凸を鉋・木工ヤスリで平滑化して面出しをする。ここは組立誤差が最大となり、②'との板間に隙間ができ易いが精度良いカットで僅かな修正で済んだ。
DSC09122.jpg


接着面にボンドを多目に付けて位置を修正しながらハタガネで押え込む。はみ出したボンドは布等で拭き取る。
DSC09126.jpg


スピーカー穴と後ろの調整穴より反対側の吸音材をボンドで接着
DSC09129.jpg


(13) (12)に⑦を固定
⑦は可動出来る様にハタガネで固定しておく。
DSC09139.jpg


調整予定
ここからが本番でFFTを用いて音圧の平準化を行い、好みの音に細部を変更したいので、下記の手順で調整を予定している。

(a) ⑦と⑧の隙間は、3/4λ・5/4λ・・・の調整用で間隔を変えることである程度の平滑化が出来る。但し、FFTで平らに成ったからと言って好みの音になるわけではない。

(b)(a)と相関があるが、板⑦の角度を変え1/4λの音圧をFFTで平準化すると同時に、容積の調整を行い共鳴管の空振り現象を押え込む。

(c)吸音材で高域の漏れ調整を行う。


プチ試聴
当初システムの目的であった低域を伸ばすことは充分に達成されている。50Hz以下の低域は出過ぎの感もあるが、これから調整で修正する。
Alpair12pはハイコンプライアンス化されたユニットで、音は繊細、且つダイナミックで突然楽器等が眼前に現れる。又、音場は広く3次元的に広がる。

Alpair12p&Ver.6.1の能力を引き出せれば、これまでに無い出来映えになると信じている。





にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

nice!(43)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Alpair12p&Ver.6.1の製作 ③ [ATL-Speaker]

2018/02/11

Alpair12p&Ver.6.1の製作 ③

DSC09109.jpg


スクリーンショット 2017-12-23 11.39.59.png

組 立
一気に完成させたかったが、あれやこれやで全てが中途半端になり完成が遅れている。

   頑張ってはいるが、歳には勝てない!!!


(9) C部の湾曲加工
前回、問題発生と書いたのは湾曲ラワンにヒビが入ったが何とか修正して使用できた。
当初、湾曲ラワンの積層で考えていたが、変更して土台を作りその上に湾曲ラワンを取り付けることとした。

左が土台の完成。
右が湾曲ラワン合わせこみ微調整をした後、接触部分を接着&ビス固定した。
DSC09047.jpg


強度的には殆ど効き目はないと思われるが、湾曲ラワンが3mmなので板振動を考えて空間部にはシリコンを注入した。
DSC09068.jpg


⑨にも湾曲ラワンを接着・ビス留めして、内側にシリコンを注入して湾曲部分は完成した。
DSC09074.jpg


⑨を本体にビスで取り付け。
DSC09078.jpg


(10) ⑥と⑧の穴あけ&アッテネーター・ターミナル等の取付
⑥と⑧にケーブル・ターミナル・アッテネータ等の穴開け。
アッテネーター・コンデンサー等の設置場所が無くを共鳴管内部に付けた、内部の容量が少し減るが妥協した。
コンデンサーは5.1μF、3.3μFを購入、6db/octでカットすると計算上では、
5.1μF → 5200Hz
3.3μF → 8000Hz
並列使用(8.4μF)→ 3150Hz となる。

DSC09089.jpg


(11) 吸音材の取付
吸音材を切り出しておいて、片面だけをボンドで接着した。
②’と本体接着後、反対側の吸音材を接着予定。
その他の部分の吸音材の脱着は、再調整時に行う。
DSC09109.jpg



   本日は、ここまで・・・




加 工
米屋材木店
http://yoneyazaimokuten.com/

北伸合板株式会社(曲げ合板)
http://www.hokushin-plywood.co.jp/index.html


ネットワーク計算
自作スピーカー設計プログラム
http://www.asahi-net.or.jp/~ab6s-med/NORTH/SP/



にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Alpair12p&Ver.6.1の製作 ② [ATL-Speaker]

2018/01/07

Alpair12p&Ver.6.1の製作 ②

スクリーンショット 2017-12-23 11.39.59.png

年明け作業開始、如何せん板材が重く順調に進んでいませんが、中間報告のメモとしてアップします。

組 立
(1) ①+④ 接着
①に対して④の直交・直角を出すことが重要。
2017-12-17 15.50.38.jpg


(2) ②+③接着
2017-12-19 11.29.09.jpg


(3) (1)+(2) 接着
(1),(2)の処理が完全で板の反りが無ければ比較的簡単に接着できる。
2017-12-19 12.18.48.jpg


(4)  (3)+⑤+⑬ 接着
⑤は①と接着剤で隙間が出来ないようにハタガネ・クランプで押え込む、ハタガネが届かない場所は裏からネジ留めした。
2017-12-20 15.55.53.jpg


(5) (4)+⑥ 接着
天板④への位置極めは⑬で決まり、下部は⑭を使い位置極めする。
DSC09005.jpg


(6) (5)+⑩ 接着
⑩は補強材で経験上⑥は震動しやすい。
今回はU管背面部分の定在波対策を考え、中心から襷掛けに僅かにズラして接着したが効果の程は分からない。
DSC09017.jpg


(7) (6)+⑧ 接着
⑪&⑮で位置決め、⑧を接着
DSC09018.jpg


(8) 仮組・音出し
単なる興味本位であるが未完成でも音を出したくなる・・・

R部が完成していないが音出しをしたのは、吸音材の量の目安を付けるためでもある。聴感上では、側面のみに吸音材を付け微調整をするだけで済みそうである。
低域の量感であるが、充分に出ておりVer.3で感じられなかった雄大さと重低音が出ている感じがする(FFT測定していないので定かでない)、吸音材を入れても1/4λは確保できそうである。
不完全なままでもAlpair12pのポテンシャルの高さとATLの相性の良さが確認出来た。

DSC09030.jpg


次回は、R部分の制作から始めるが問題が発生した。

 To be continued

   Bye





加 工
米屋材木店
http://yoneyazaimokuten.com/




にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

nice!(40)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -