So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

Alpair5v3をVer.4.1で試聴 [ATL-Speaker]

2019/07/10

Alpair5v3をVer.4.1で試聴

IMG_1210.jpg
Alpair5v3


フィディリティムサウンドさんを訪問
フィディリティムサウンドさんに10ヶ月ぶりに友人と2人でお邪魔しました。
この友人にAlpair5v3とAcoustic Transmission Lineの組合せがベストマッチングではないかと言われ、試聴の為にエンクロージャー(Ver.4.1)持参での訪問となりました。その根拠としてユニット&エンクロージャー双方がコーン紙に掛かる余計な力を極力少なくした構造をしているとのこと・・・
方向性は同一ですが、結果が吉と出るか凶と出るか半信半疑での訪問でした。

そんな我われを社長さんは心良く迎えてくれました。



2019-07-05 13.34.171.jpg
Alpair5v3&Ver.4.1(中央灰色)

試 聴
早速、Ver.4.1にAlpair5v3を付け試聴に入りました。
取付けたユニットは充分にエージングの掛かったユニットで、初っ端から素晴らしい音!
音質はエッジの立った分解能の高い音で綺麗な余韻が残る、空間表現力が素晴しく音の前後感が上手く表現できる。
Alpair5v3はハイコンプライアンスの頂点を極めた小型フルレンジユニットで、背圧の非常に少ない箱で鳴らすと驚くようなハイパフォーマンスを示す。

Ver.4.1はAlpair5v3で最適化していないが、この音が出るとはビックリ!!!

当初、Alpair5v3の振動板面積に対してVer.4.1では大きすぎるのではと考えていたがユニットのストロークが長いことが効いてか充分な低域を出せたようだ。
低域に関しては、聴感上音楽を聴くには必要充分であり、軽く素直な低域が出る。

印象に残ったのは、Miles Davis(My funny valentine)出だしのセクションでは、本当に鳥肌がたった。

 ユニットの世界も天才は突然出現するものです!!



Alpair5v3の特徴
Alpair5v3はダンパーレス構造で、可動部(軽量コーン+ボビン+ボイスコイル)をエッジのみで支える先端構造を採用している。又ボイスコイルにはレクタンギュラー(断面が長方形)を用いた超ハイコンプライアンス仕様となっている。

Alpair5v3 の仕様&T/Sパラメータ
スクリーンショット 2019-07-09 8.02.11.png


スクリーンショット 2019-07-06 22.49.57.png


FFT測定  
新品のAlpair5v3を持ち帰り、数日のエージングをおこない測定。        
Alpair5v3 Ver.4.1  4.png
Alpair5v3 & Ver.4.1

測定では、120Hzより上はほぼマークオーデイオの発表値と同じであった、エンクロージャーの効果が出ているのは80〜120Hzの帯域でフラットな特性が出ている、この部分が音楽性に大きく影響する。
それ以下は、だら下がりであるが60Hzまで何とか頑張っている。このだら下がり特性は共鳴管・ATLでは珍しいことで、構造的にもう少し考える余地が残された。
結果として80〜20000Hz ±4dbと読めるので脅威的にフラットなデータである。

8cm フルレンジとしては、チャンピオンデータに近いものが出てしまったが、音質とは直接関係はないと考えて貰うのが妥当であろう。何故かと言うとスイープ25sec. 1/3db octで測定したものでピークは平均化されてしまうのでこの様なFFTの結果となっている、又、音の立ち上りはコンピュータのFFTではレスポンスが悪いので、ハードのFFTが必要であるがそれでも充分早いと言えない。

 と言いつつ、聴感上の音質も良し・データも良しでは???

   Alpair5v3を手にして、浮き浮きの日々が続いている・・・・


     Bye



にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

nice!(36)  コメント(0) 

Alpair12pw&Ver.6.1 (ATL共鳴管)の調整/試聴 [ATL-Speaker]

2018/11/20

Alpair12pw&Ver.6.1 (ATL共鳴管)の調整/試聴

Alpair12pwを購入し3ヶ月エージングも終了したので、FFT測定とプチ試聴をした。


Alpair12pw後開口6cm 上開口10cm .png
Alpair12pw+TW4Silk & Ver.6.1(ATL共鳴管)のFFT

周波数特性
Alpair12pw+TW4Silkを8KHzで6dbカットが非常によくマッチンングするようで大満足!

当初気にかかっていた下膨れ(30〜60Hzが+5db)であるが、ポジション調整・背後開口部の調整で聴感上では大分軽減された。
本質的改善まで至っていないが、ここを平らにすると80〜200Hzの落ち込みが大きくなるので、対策を思案中である。

周波数特性は、30Hzから20KHzまで設計通りに順当に出ているので、まあ合格?



変更点
Alpair12pは若干高域が強かったので、ケーブルを純度の低い銅線を敢えて使用した。
Alpair12pwでは、ユニット特性にあわせた内部配線とスピーカーケーブル(BELDEN 8470)に変更し中高域特性の改善を図ってみた。 
音質的変化は、目を見張るものがあり音の立ち上がりが全帯域で全く変わった!

次にスピーカーの位置調整・周辺のスピーカー等も位置変更・背面にある調節口の変更を行い、ある程度の音質調整を行った。



プチ試聴
Miles Davis My Funny Valentine
出だしの軽く吹き抜けるような軽やかで甘い立ち上がり、徐々にMiles の本性が分かるような吹き方、ベース低域の伸びと音場感・・・一人満足!

Telemann: Tafelmusik [Disc 2]Pieter-Jan Belder: Musica Amphion
音源の位置関係がよく分かり、明快でエッジが立った素晴らしい録音である。
中高域中心の録音であるが、10人程度の室内楽でどの楽器も鮮明に録音されている。
このCDは、中高域の素性を知るテースティング用である。
当初から心配していたAlpair12pwの中高域であるが、レスポンスも非常に良好であった。

Pomp & Pipes! Dallas Wind Symphony
このCDの録音技術は超一流で超低域から高域までのダイナミックレンジはビックリであるが、低音の出ないシステムでは全く意味のない一枚である。
特に2曲目と9曲目は圧巻であるが、前スピーカーでは再生不能部があったが、今回は問題なく再生できた。
Alpair12pw&Ver.6.1が30Hz迄伸びているのも伊達ではない。



雑 感
Alpair12pwは、ストロークを長く取り低域を伸ばすことと比較的軽い紙コーンを使った、フルレンジ化したウーハーと考えている。FFT測定でもその結果が反映された特性で設計思想?と一致する。
このスピーカーの低域の伸びは素晴らしいものがあり、今迄聴こえなかった音があることに気付く。
Alpair12pwの高域(8kHz以上)は若干苦しいが、TW4Silkと組み合わせれば全く問題ない。又、紙コーンの良いところで微小入力にも良く反応する。

音質は共鳴管の特徴的なもので、全帯域で躍動的で軽やかな癖のない音である。
特に低域は大型ウーハー並の周波数特性を出し、このユニットの実行振動面積から考えられない軽く豊かな低域再生が可能となる。


 ・・・と一人ニンマリする爺であった・・・


              Bye!

      



にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

nice!(41)  コメント(2) 

アナログプレーヤの修復 [レコードプレーヤー]

2018/10/11

アナログプレーヤの修復

RecordPlayer.jpg
レコードプレーヤー改造後、8年もの失われた時が経た。
先日もCDプレーヤーの修理を行なったが、今回は8年前のゾンビ改造プレーヤーの復活を試みた。



筐体の塗り
白木のままで放置したので、焼けが目立ちヤスリ掛けと塗りで補修をおこなった。
先ずは筐体に付いている部品(電気モーター・軸受)を取り外した。
木工塗りで一番手間が掛るのが下地作りである、ここを入念にしないと後で後悔することとなる。

RecordPlayer Sand.jpg



ヤスリ掛けを終了し、シーラー塗りまで漕ぎ着けた。
次に、シーラー塗布して1000番の紙やすりで軽く表面を整える。

RecordPlayer finish.jpg

水性塗料を塗布。
今回は布に塗料を染み込ませ、こすり付けるように塗った。
以上で塗装は終わる、実作業はここに書いたように簡単ではない。
単なる自己満足の世界で表面が綺麗か如何かを確認しながら塗る為である。



RecordPlayerParts.jpg

軸受に問題はなくスムーズに動作している、又電気系も正常動作した。
レコードを乗せて軽く試聴したが、スムーズに動作し出力もOKである。



ストロボの製作
8年前の宿題であったストロボの製作は、未完のままである。
今回も蛍光灯で代用するが、後日、電源はトランスより出ている100VのACを使い、2個のLEDと2個の抵抗を使ってストロボの作成を予定している。


   プチ試聴では、素晴らしい音であった!!

      次回は、このプレーヤーの試聴を行ないたい。





にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

Alapir12p or Alpair12pwの選択 [ATL-Speaker]

2018/09/30

Alapir12p or Alpair12pwの選択

今回の選択は、あくまで小生のVer.6.1に付けて決めたもので汎用的なものではありません。

さて、以前もAlapir12pとAlpair12pwの周波数特性比較を出したが、縦軸だけ合わせた2枚では評価しにくいという声があったので、今回は一枚にまとめてみた。

スクリーンショット 2018-09-30 12.15.26.png
Alapir12p(Blue) / Alpair12pw(Red)


Alapir12p(Blue)
発表されている周波数特性は、蒲鉾型で何方かというと高域優先型に感じる。
実際の音も高域が少々耳につく、と言うのも小生のシステムがATL共鳴管であり、背圧を避ける設計に成っているためである。
密閉・バスレフ・バックロードでもない、背圧利用が非常に少ない平面バッフルに近いシステムである為、高域レスポンスが良く少々耳障りに聞こえるのであろう。
スピーカー背面の容量を絞れば影響は避けられると思われるが、別の影響が出て来るであろう。

ハイコンプライアンス化された非常にワイドレンジで使い易いユニットである。
微小入力に良く反応して、音質はカラッとした聴きやすい音である。

フルレンジ一発でと言う方には、一押しのユニットである。


Alpair12pw(Red)
周波数特性を見る限り、100〜10kHzまでダラ下がりで比較的フラットであるが、その先は減衰している。
今まで取った双方のFFT比較では、100Hz以上は粗近い周波数特性が得られている。

16cm以下のウーハーと称するものでは、ある程度中高域は伸びているが実際に試聴して見るとレスポンスが悪く聞くに耐えない音になるものがある。
それでは、Alpair12pwは如何かと言うと、1ヶ月のランニングを終了して10KHz迄はレスポンス良くフルレンジに限りなく近いウーハーと言えるであろう。但し10kHz以上はツイター(TW4Silk)の助けが必要である。

Alpair12p/Alpair12pw 双方基本的には同根であり音質的にも似ている。但し、Alpair12pwはウーハーと称するだけあって低域はAlpair12pを圧倒する。又コーン紙の重量増もあってAlpair12pwの方が僅かに骨太である。


ユニットの選択
何度もユニットの付け替え、試聴を繰り返した結果として Alpair12pw+TW4Silkをチョイスした。

選択理由としては、やはり圧倒的な低域の伸びと量である。当初 Ver.6.1の製作目的であった、30Hz迄のフラット化達成の為でもある。
又、Alpair12pwは、フルレンジをベースとしたウーハーであり、小生のATL共鳴管にベストマッチングのユニットである。
Alpair12pと僅かに違う中高域も小生の好みにあった。


 ここからは、本当の最終追い込みが始まる・・・


  Bye!



にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

nice!(24)  コメント(0) 

DENON DCD-S10Ⅱ ピックアップ交換 [その他]

2018/9/19

DENON DCD-S10Ⅱ ピックアップ交換

2018-09-18 15.22.40.jpg
DENON DCD-S10Ⅱ

再生不能となっていたDCD-S10Ⅱを修理してみた。
情報不足で一時は断念していたが、Net & You Tubeでは部品交換で比較的簡単に修理できる様である。


CD故障の主な原因
CDの故障は、下記する2点が大半だそうである。
1. ゴムベルトの劣化
2. ピックアップのダイオード劣化(消耗品)とのこと

小生の場合、CDの搬送は問題なく、ゴムベルトはOKと判断。
DCD-S10Ⅱのピッアップはシャープ製H8147AFの様である、純正品は無く互換品をAMAZONで購入した。(中身は勿論Made in China一寸心配)  

2018-09-18 15.36.51.jpg
カバーは、12ヶのビスで固定されている。振動対策の為か内側にブチルゴムが貼ってある。


2018-09-18 15.41.21.jpg
蓋を開けると内部は銅メッキされているが、サビが出ていないのでメッキ上に再処理が施されている。
内部の電源トランス・コンデンサー等、相当な物量投入の跡が見える。


ここでトレーを覆っているカバー(DENONと書かれている)を外さなければピックアップの交換は出来ない。

前面パネルを留めている4ヶの銅ビスを外し、2ヶのブチルゴムの端を剥がしパネルを少し斜めにすると。隠しネジを回す事が出来る。

その他ケースを留めている5ヶの銅ビスを外す。

次に銅メッキカバー脇の前側の2ヶのビスを落とさない程度に緩める。

これで、銅メッキカバーを外す事ができる。


2018-09-18 16.37.23.jpg
次に、電源を入れトレーを出す。

トレーは、制振塗料が塗られており、20年の経時変化でベタベタになっていたのでアルコールで拭き取った。


DSC09237.jpg
後ろからトレー内部を撮影。

トレー中央の大きめのビス1ヶでガイド棒を留めてあるので、これを外す。

次に2ヶのコネクターを外すとピックアップ全体が外れる。


2018-09-18 16.43.13.jpg
左(旧ピックアップ)/右(新ピックアップ)

レンズに触らないように、2ヶのコネクターを付け変える。

次にガイド棒を差し込みネジ止めすれば、ピックアップ交換は終了である。


再 生
電気的調整はしていないが、DENONサウンドは出た。

  暫くランニング・・・???

    問題発生!!

     今度はリモコンが動作しない!




追 記
リモコンをバラして接触部分をクリーニングした結果、現在は正常動作しました。



にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

nice!(35)  コメント(4) 
前の5件 | -