So-net無料ブログ作成

タダで測定 [音響測定]

2009-02-15

タダで測定
ホワイトノイズ 試聴位置
視聴位置ホワイト.gif

無音状態 試聴位置
視聴位置無音.gif

スペクトラムアナライザー
前回は、真空管の勝手な評価をしたが、如何せんバックグラウンドとなる周波数分布が解らないと考えつつ・・・、今のご時世ヤル気ならネット上にタダの資源が沢山ある!
ネット上を徘徊しMAC用のスペクトラムアナライザーのFree softで遊んでみようとしたが、問題が発生した。非常に良いソフトだが、Line(マイク)のゲインを合わせることが出来ずに断念。仕方なくWindows版のFree soft(efuさん作)を見つけ即install。 F.F.T.だけでは使えないのでWave Generatorも一緒にget したのである。
スペクトラムアナライザーといっても、F.F.T.(Fast Fourier Transform)である??みなそうか??
音響測定用か定かではないが、適当にレンジ(20hz~20000hz)を合わせこみ使用してみた、レスポンスは非常に良く、バタフライ演算の効果と最近のコンピューターパワーでリアルタイムで表示することができる。サンプリング数は16384点で測定した、又このソフトは、ピークホールド&積算が出来るのも良い。

ウエーブ ジェネレータ
Wave Generator(W.G.)は、今回ホワイトノイズだけで測定をしたが、ピンクノイズ・SIN波・方形波・ピークの発生等ができる。勿論パターンの組み合せ発信もできる。

Wave Generator 画面
W.G..png

必需品
『タダで測定』と書いたが、下記のものは用意しなければならない。

1.コンピュータにF.F.T.ソフトをインストールしたもの。

2.コンピュータ(1.と同一で良い)にW.G.ソフトをインストールしたもの。

3.ある程度校正されたマイクが必要、しかしながら小生の財布には痛く部屋に転がっているマイクを使った、何時もいい加減なオヤジである。本来測定器はプローブの校正が重要である、しかしながら小生の財布ではそんな高価なものは買えない、誰か格安で良いマイク知っている方help me!!

4.その他、ケーブル等

F.F.T.&W.G.のFree Softは次のアドレスからダウンロードしました。
http://www.ne.jp/asahi/fa/efu/index.html
使用方法は次のホームページ『手作りオーディオの部屋』を参照しました。
http://www6.cncm.ne.jp/~shiro-f/fft/fft.htm

接 続
今回は、小生のシステムの都合上、コンピュータ(W.G.で発生した信号)→T.V.→アンプ→スピーカとした。これでスピーカより発生した音信号を、リアルタイムで同一コンピュータのLine入力(マイク)経由でスペクトラムの表示ができた。

測定結果
スピーカ(スーパースワン+FE108EΣ)軸上1mの測定と、試聴位置での測定を無音状態(実際は都会のマンション、雑音がイッパイ)&ホワイトノイズを発生した状態で測定してみた。尚、グリーンラインは生波形、レッドラインはピークホールド、約10秒間ホールドしたものを載せた。
小生の不勉強で、充分解読が出来ないのが実情であるがトレーニングを積み、いずれ詳細をアップロード予定。このソフトは使いやすくいので今後も測定を継続する、又データをファイルで残せるのは嬉しい。
今回は測定方法が解ったというだけで、本質的測定はこれからである。この結果を鵜呑みには出来ないし、今後マイク等の特性の検証も必要である。

左、スピーカ軸上1m ホワイトノイズ
ホワイトL1mV0.5.gif

左、スピーカ軸上1m 無音状態
無音1mLV0.5.gif

右、スピーカ軸上1m ホワイトノイズ
ホワイト1RmV0.5.gif

 右、スピーカ軸上1m 無音状態
無音1mRV0.5.gif

にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0